1. TOP
  2. ヘアケア
  3. アミノ酸シャンプーのメリット徹底解析!アミノ酸シャンプーで美髪になれる??

アミノ酸シャンプーのメリット徹底解析!アミノ酸シャンプーで美髪になれる??

アミノ酸シャンプーは髪に良い」などと耳にしたことはありませんか?
もしかしたら、そのアミノ酸シャンプーとは、一体どのようなシャンプーであるかご存知の方の方が少ないかもしれません。

アミノ酸シャンプーは、私たちの髪や頭皮に低刺激で、実は綺麗に洗い上げながらも、頭皮環境を健やかに保つ働きがあり、アミノ酸シャンプーは「美」に対して敏感な方の間でとても注目されるシャンプーとなっています。

ここでは、そんなアミノ酸シャンプーのメリットや配合成分についてご紹介します。

アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプーとは、お肌や頭皮に低刺激で、かつ、洗浄成分にアミノ酸の成分を豊富に配合しているシャンプーを指しています。

特に代表的なアミノ酸成分として、「メチルアラニン」「ココイル」「メチルタウリン」「グルタミン酸」「サルコシン」「ベタイン」という成分が含まれているものがアミノ酸シャンプーとなります。

多くのシャンプーが市販されている中でも髪に最も低刺激で、お肌や頭皮にとても優しいので、アミノ酸シャンプーは抜け毛に悩む方や敏感肌の方、アトピー肌の方、また、フケや頭皮のかゆみに悩みを抱えているという方でも安心して使用することができる人気のシャンプーとなっています。

お肌が弱い方にとって、シャンプーなどは直接刺激が加わる部分であるため、できるだけ慎重に選びたいものですね。

アミノ酸とはそもそも何?

アミノ酸とは、一見食べ物のように聞こえますが、私たち人間の身体は、たんぱく質を作る成分でもあるアミノ酸でできているのです。

そして、私たち人間の身体の60%は水でできており、残りのうち20%がたんぱく質からできていて、身体の水分を除くと、身体のほとんどの部分がアミノ酸でできていることが分かります。

とは言え、そのアミノ酸じたい莫大な種類が存在しますが、私たち人間の身体を作るアミノ酸は20種類だと言われています。また、私たちの皮膚や髪の毛1本1本もアミノ酸からできているのです。

だからこそ、アミノ酸シャンプーは私たちのお肌や頭皮にとってとても最適であり優しい成分であることが分かりますね。

アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーには、市販されているシャンプーに含まれる高級アルコール洗浄成分を配合していません。

この高級アルコール洗浄成分は、きめ細かな泡立ちと香りで頭皮の汚れをしっかりと洗い落とすことができるため、洗い上がりに爽快感を感じますが、それ以上に頭皮から必要となる皮脂を奪ってしまい、お肌や頭皮の乾燥を招いてしまうのです。

これは実は石鹸シャンプーにも言えることで、石鹸はとても洗浄力が高く、石鹸にも高級アルコール洗浄成分が配合されているため、洗い上がりは綺麗になったという満足度の高いものとなりますが、市販されているシャンプーと同様、頭皮に大きな負担をかけてしまうことになります。

そしてこの乾燥により、痒みやフケなどの頭皮トラブルが発生してしまうため、市販されているシャンプーや石鹸シャンプーに含まれる成分を考慮すると、頭皮環境に良いとは言えないのです。

一方でアミノ酸シャンプーは、私たち人間の身体の中にあるアミノ酸と融合されるため、お肌や頭皮に優しく、低刺激であるにも関わらず、洗浄力は高く、本来頭皮に必要となる皮脂を残して綺麗に洗浄することができます。

このようなことから、アミノ酸シャンプーがいかにお肌や頭皮に良い成分を配合しているかが分かります。

アミノ酸シャンプーのメリット

アミノ酸シャンプーを使用することについては、以下のメリットがあります。
ここでは、それぞれのメリットについて解説します。

髪や頭皮に低刺激で優しい

アミノ酸シャンプーに配合されている洗浄成分は、髪や頭皮を作るたんぱく質と同じものを配合しているため、髪や頭皮に低刺激でとても優しい洗い上がりとなります。

市販されているシャンプーとの洗い上がりの差としては、爽快感を感じることはできませんが、頭皮が柔らかく、きしみの少ない仕上がりです。お肌や頭皮に低刺激であるため、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使用することができます。

過剰に皮脂を落とさず必要な皮脂は残す洗浄力を持つ

アミノ酸シャンプーは、不要な汚れはしっかりと落とす高い洗浄力を持っていますが、健康な髪や頭皮に必要となる皮脂は残しながらも、最適な頭皮環境を保つことができます。

私たちの皮膚や頭皮には、乾燥や刺激からお肌を守るために皮脂が必要となります。
毎日の入浴の際、洗髪を行う度にこの皮脂がすべて洗い流されてしまうと保湿効果がなくなり、皮膚や頭皮が乾燥し、皮膚トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

それに、皮脂汚れを洗い落としすぎることで、逆にお肌や頭皮は皮膚を守ろうと、過剰に皮脂分泌を活発化してしまう要因になります。

髪のダメージを修復して高い保湿力を保つ

アミノ酸シャンプーは、頭皮に必要となる皮脂を残しながらも不要な汚れをしっかりと落としてくれる優れものです。
そのため、髪や頭皮に最適な頭皮環境を保つことができます。

また、アミノ酸シャンプーはたんぱく質成分を配合しているため、自然な保湿効果を実現させることができます。さらに、毎日使用することで髪や頭皮がしっとりとし、艶やかで美しい状態を作り上げることができます。

健康な髪や頭皮を希望する方こそ、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

今まで髪にハリや弾力がなく、パサつきがちで潤いのない髪の方でも、アミノ酸シャンプーを使用することで驚くほどの効果を実感することができるでしょう。

このようなことから、アミノ酸シャンプーを使用することで最適な頭皮環境を保ち、日々快適に過ごすことができるようになると言えますね。

アミノ酸シャンプーによく含まれる成分

アミノ酸の種類はとても多く、莫大な種類が存在しています。

通常、販売されているシャンプーボトルの背面に掲載されている成分表示に、下記の表記がある場合はアミノ酸成分を配合しているので、アミノ酸シャンプーであることが分かります。例えば、「メチルアラニン」「ココイル」「メチルタウリン」「ラウリン酸」「グルタミン酸」「サルコシン」「ベタイン」がよく目にする成分表示です。

すべてをご紹介するとその数も多いため、ここではアミノ酸シャンプーによく含まれる代表的な成分をご紹介します。

メチルアラニン系

「ラウロイウメチルアラニンNa」は、ラウリン酸にアミノ酸の一種となるメチルアラニンを結合して作られる成分で、弱酸性で低刺激かつ安全性が高い成分として知られています。洗浄力はとてもマイルドな使い心地で、頭皮に必要な皮脂を残し、乾燥からお肌を守るバリア機能を持っています。アラニン系の成分は、髪のキューティクルを引き締め、頭皮環境を保湿するとともに健康な状態に保つ効果に優れた成分です。

ココイル系

「ココイルメチルアラニンNa」は、ヤシ油とβアラニンから作られたアミノ酸成分です。

ココイル系は頭皮に低刺激でありながら、洗い上がりはとてもしっとりとしていて安全性に優れた成分です。

しかし、洗浄力や泡立ちが少なめなので、洗い上がりにさっぱり感が少なく、使用する人によっては好みの使用感ではないこともあります。

ベタイン系

ベタインはアミノ酸の一種である天然界面活性剤となり、とても高い保湿力と浸透性であるため、ベタインは髪の毛やお肌、頭皮にハリと潤いを与えてくれます。

また、抜け毛予防効果もあり、ベタインは薄毛に悩む方に最適な成分ともいえます。そして、低刺激であるため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

ラウリン酸系

ラウリン酸系のアミノ酸成分は母乳の中にも含まれており、子供も大人も身体の内側から強くしてくれる効果があります。そのため、ラウリン酸系は免疫力を向上させ、抗菌・殺菌作用を発揮するだけでなく、お肌に常駐している常在菌が変質しても、ラウリン酸が私たちのお肌や頭皮を良い状態に守ってくれます。

タウリン系

頭皮に低刺激で泡立ちがよく、とてもマイルドな洗浄力を持つので、タウリン系は洗い上がりがさっぱりとしていながらもきしみ感が少ない成分です。成分にココイルメチルタウリンNa、ココイルメチルタウリンタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNaなどを含んでいます。

ミリスチン酸系

ミリスチン酸は脂肪酸のひとつとされています。このミリスチン酸は、たんぱく質を刺激し、ホルモン分泌や細胞膜を保護する働きがあります。このミリスチン酸は、ラウリン酸とともに体内のホルモン分泌を促し、たんぱく質を安定化させ、免疫力を高めます。ミリスチン酸はとても泡立ちがよく、洗い上がりはしっとりとしています。ミリスチン酸系のシャンプーは頭皮にも潤いを保ち、心地よい使用感です。

グルタミン系

アミノ酸系シャンプーに使用されるココイルグルタミン酸Naやラウロイルグルタミン酸Naは、低刺激であるだけではなく、きめ細かな泡立ちで頭皮の汚れを吸着し、洗い流してくれます。また、グルタミン系は、パサつきがちな髪を修復し、髪の毛を健やかに保つ役割を果たします。

サルコシン系

「ラウロイルサルコシンNa」は、サルコシン系のアミノ酸界面活性剤のひとつです。

サルコシン系は、他のアミノ酸成分と比較しても高い洗浄力と刺激性を持つため、使用される方によってアレルギー反応が生じる可能性があります。

しかし、アミノ酸成分の中では高い洗浄効果を持つため、比較的男性用のアミノ酸シャンプーに使用されていることが多いです。そして、サルコシン系は頭皮に付着している雑菌や皮脂を落とす吸着性に優れているため、アミノ酸シャンプーの中でもしっかりと洗浄したいという方には、このラウロイルサルコシンNa配合されたシャンプーがおすすめです。

さらに、高い保湿効果を期待することができるため、サルコシン系シャンプーは乾燥肌の方や頭皮がカサつきやすい方に、乾燥しやすい時期に使用されると効果的だと言えます。

アミノ酸配合シャンプーとの違い

あまり聞きなれないためか、自然と聞き流してしまいそうになりますが、「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」には明らかな違いがあることをご存知ですか?

アミノ酸成分が少しだけ配合されているようなシャンプーを「アミノ酸配合シャンプー」と呼んでいます。

このアミノ酸配合シャンプーの場合は、本来のアミノ酸の優しさが損なわれてしまい、洗浄の際に必要な頭皮の皮脂までを洗い流してしまうため、頭皮に大きな負担をかけてしまいます。

必要な皮脂を洗い流してしまったために、さらに過剰な皮脂分泌が起こり、頭皮はベタつくなどのトラブルが発生します。また、べタつく頭皮には雑菌も繁殖しやすくない、フケやかゆみの原因となってしまうのです。

さらに、アミノ酸以外にも、頭皮環境にとって負担とも言える「添加物」が多く配合されている可能性も高く、このようにアミノ酸配合シャンプーには様々な成分が含まれていることが分かります。

一方で、アミノ酸シャンプーは、シャンプーの品質保持や使用感を良くする意味でも、保湿成分やシリコンなどの成分が含まれています。

しかし、それらの成分は頭皮には負担になるため、本来、アミノ酸シャンプーを選ぶ際は、洗浄成分をチェックすることはもちろん、それ以外に含まれる頭皮にとって刺激の強い成分が含まれていないかなど、しっかりとチェックするようにしてくださいね。

アミノ酸シャンプーまとめ

アミノ酸シャンプーのメリットや配合成分についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
とても穏やかな洗浄力を持ちながらも、髪や頭皮に低刺激でかつ過剰に皮脂を落としすぎず、しっとりとした仕上がりを実現させることができるアミノ酸シャンプーは、私たちの髪や頭皮と同じたんぱく質から成る洗浄成分を配合しているので、とても優しい頭皮環境を実現させることができます。

傷んだ髪や頭皮を改善・修復させ、保護を目的とする場合は、アミノ酸系の洗浄成分を豊富に含んだシャンプーを選ぶと良いでしょう。何よりも、頭皮に必要な皮脂を残しながらも不要な汚れを落としてくれる上、洗い上がりもしっとりとした仕上がりとなるため、アミノ酸シャンプーは私たちのお肌や頭皮環境に最適なシャンプーであると言えます。

これからアミノ酸シャンプーを購入される場合は、配合成分をしっかりと確認し、アミノ酸系洗浄成分をたっぷりと含んだシャンプーを選んでくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

モテ活の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ活の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ナチュルプ(natulp)の口コミは本当?新発売の頭皮の美容液について調べてみました!

  • プレミオールの口コミは嘘?ラサーナのプレミオールシャンプーについて調べてみました

  • ナンバーロッカン(No.6can)の口コミは嘘?美容室オーナープロデュースのシャンプーを調べてみました!

  • ヘアモア(Hairmore)スカルプエッセンスの口コミは?抜け毛に効果があるのか調べてみました!

  • シリコーンシャンプーとノンシリコーンシャンプーの違いとは?どっちのシャンプーを選ぶべき?

  • プラシエナシャンプー&コンディショナーの口コミは嘘?モニター募集中ってホント?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。