1. TOP
  2. 恋愛
  3. あなたがモテない理由は何?ありがちな6つのモテない理由

あなたがモテない理由は何?ありがちな6つのモテない理由

どうして自分はモテないのだろう…どうして彼氏ができないのかな?とモテない理由を考えた事はありませんか?!
気付いたらもう5年も彼氏がいないとか…!どうして?理由は何??

友達はみんな彼氏がいるのに自分だけモテないし彼氏もいないなんて事も…。

でも、彼氏がいたらこうしてああしてどこに行ってとか妄想ばかりしちゃって…。それも楽しいけどやっぱり妄想ではなく、体験したいですよね。

だけど、実際はいないからできない…。モテない理由もわからない…。そんなあなた、まずは自分のことを振り返って見つめなおしましょう。

ここで大切なのは、モテない理由に気付き、自ら改善することです。そうしたらきっと素敵な恋ができて素敵な彼氏ができます。

モテない理由について、どうしたら彼氏ができるのか一緒に考えていきましょう。

こんな女性はモテない!!彼氏ができない!!

もてない理由にも、いくつかパターンがあります。内面的なものだったり、男性側の性質のせいだったりすることもあります。

何か1つを改善するだけで大きく回りの態度が変わってくる可能性もありますので、一つ一つ確認していきましょう。

可愛すぎる、綺麗すぎる女性

世の中の男性は可愛い女性が大好きです。だけど可愛すぎて、綺麗すぎる女性に対しては、きっと自分には理由なく釣り合わない…と思うものです。

男性からすると、高嶺の花状態です。これは本人も気付きにくいことでなぜダメなのか理由が分からない人が多いと思います。
どうしてモテないのか…。理由もさっぱり…彼氏もいつまで経ってもできない…。

可愛いし綺麗なのは良いけど、完璧すぎて隙がないと男性は萎縮してしまうので、少し気を抜き、隙を見せてあげる事が大切です。

例えば、服装も色々変えてみるとか、内面でいうと、ニコニコよく笑い、相手の話をよく聞いてあげるとか、相手が喜ぶ事をしてあげると良いかもしれないですね。

愛想よく振る舞っていると自然と人が集まってきます。

それをきっかけに出会いを繋げましょう!!それできっとモテない女性から卒業できます。もうモテない理由もないし、モテないなんて言わせない!

自己中心的な考えの女性

どんなに見た目が綺麗でも内面が自己中心的だとモテないです。私、私、私、と自分の事ばかり話すし、自分の行きたい所、食べたい物ばかり相手に要求している女性。

自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなり、話をしない、無視をするとか…思い当たる事はないでしょうか?これは立派なモテない理由!!

けれども、これが当たり前で生きているとこれがモテない理由だと気付かない人もいると思います。

どうしてモテないのか理由が分からない人は、今一度自分が自己中心的ではないか、考えて見て下さい。

改善法としては、、まずは、自分の事より相手の事をしっかり考えてあげる事が大切になってきます。
どうしたら相手が嬉しいかを考えて、自分がされて嫌な事はしないようにする等、基本的な事をしているだけで大きく変わってきます。

だからって自分の気持ちを押さえつけすぎるとストレスになるので、その辺は上手いこと相手の事も考えつつ、自分の考えも言えたら最高ですね。

自分の事ばかりではなく、相手の気持ちになって話をするだけで、モテない女性からモテる女性に早変わりですね。

清潔感がない女性

どんな人でも清潔感がなく臭い女性は嫌なものです。モテない理由は明白で、まず臭い、不潔は問題外です。あなたの口臭、体臭は大丈夫ですか?

臭いは自分では気付かない事も多いと言います。容姿には自信があるのに、男性は逃げていく…どうしてモテないのか?モテない理由が分からない方はまずは、自分の臭いや清潔感について考えて見て下さい。もしかしたらそれが理由かもしれません。

服装もボロボロの服をいつまでも着ていませんか?その辺りを見直すだけで大きく変わります。

まず、口臭については、歯医者に行ったり、自分でも口臭ケアができる物もたくさんあるので対策できます。

この機会に自分の口臭や体臭を見直し、清潔感あふれる女性を目指しましょう。それだけでモテない女性からモテる女性へと早変わりです。

おすすめの口臭サプリランキングをクリックして確認

ネガティブ、何でも否定的すぎる女性

よく聞くのがこれ!!ネガティブ発言の多い女性…。これは立派なモテない理由です。

生まれ持ってのネガティブだと直すのも難しいしこれがモテない理由だと分からないかもしれないですが…。

自分に置き換えて見て下さい。友達で話をする度にネガティブ発言…こんな人がいたら嫌ですよね。一緒にいても楽しくないし…。それは男性も同じです。

私なんてどうせ…、何でも絶対無理…が口癖、心当たりはありませんか?

誰だって毎日自信に満ち溢れているわけではないです。だけど過剰にネガティブ、否定的な女性は一緒にいても楽しくないし相手も疲れます。

時には弱音を吐くことも大切ですが、少しでも前向きになる努力をしましょう。

自分に自信がないという女性はまず、容姿から変えてみるのも良いと思います。容姿が素敵になればそれだけで自信が溢れてきます。

否定的な発言の多い女性は、相手に寄り添い、相手の気持ちを考えて発言することから始めましょう。

言葉遣いが汚い女性

最近は、汚い言葉を平気で遣っている女性が増えているように思います。まじで?うっざー!うまっ!やばい!等…言い出したらキリがありませんが、大半の男性はそういう言葉で引いています。

これがモテない理由?と思う方もいるかもしれませんが、立派な理由です。

男性の話を聞くと、大体汚い言葉遣いの女性が苦手だと言います。言葉遣いとはそれ1つでその人の印象が決まってくるくらい大切なのです。

また、言葉遣いは癖もあるし、自分の中ではその言葉遣いが当たり前になっているのでモテない理由になってることに驚く人もいるかもしれないですが、これが現実です。

特にアラサーになってもそういう言葉遣いをしていてはそれは恥ずかしいことでモテない理由になってしまいます。

どうして私はモテないのか理由が分からない方は今一度ご自身の言葉遣いについて見つめ直してみてください。そして、それが理由だと気付いたら、言葉遣いを直す努力をしましょう。

言葉遣いを直すのは簡単なことではなく、むしろ難しいこと…。簡単には直らないかもしれません。

改善法としては、この言葉遣いでモテない自分から卒業したいと本気で思う事と、人と話す時に今どういう言葉を話しているのかを意識をすることでモテない自分から大きく改善できます。

仕事が生きがいのキャリアウーマンタイプの女性

気付いたら仕事が恋人っていう女性はいませんか?このケース、意外と少なくないと思います。それがモテない理由?と言われる方もいると思いますが、えぇ…そうなんです。これもりっぱな理由なのです。

中にはモテない理由だなんて気付かない人もいるかもしれません。

考えてみたら、毎日仕事に行って家に帰る…の繰り返し。

仕事が楽しいのは良い事で素敵な事だけど、いつまでも彼氏がいなくてプライベートも仕事も一緒は寂しい事…。

仕事を一生懸命やって気を紛らわしていませんか?
仕事ができすぎる女性というのも、男性からすると近づきにくい存在だったりします。彼氏が欲しいと思ったら、仕事仕事ではなく、たまにはリフレッシュしてみてください。

友達や家族との時間を持つ事も大切なことです。それで仕事以外でも幅広く視野が広がって、出会いも広がり、モテない自分から卒業できるかもしれません。

モテない理由まとめ

このように6つのモテない女性について理由や改善法を挙げましたが、自分と照らし合わせてみてどうでしたか?
どうして彼氏ができないか理由がわからなかったあなた、6つの理由を見て、ハッと自分の事だと思えた方はラッキーです!

何個か当てはまった方は、1つづつモテない理由をなくしていきましょう。モテない理由には様々ですが、意外と自分ではモテない理由が気が付かないようなことだったり、簡単に意識するだけで直せることもあります。

この機会に自分の中からモテない理由を1つでもなくしましょう。

そして、もうモテない女性だと言わせない!

簡単な事から言えば、外見から変える事、これはさっきも述べたように自分の容姿や服装、臭い等で気を付ける事を意識して直していくと良いです。

内面をすぐに変えることは難しいことですが、自分の意識次第でこちらも改善することはできます。

素敵な女性になって素敵な彼氏をゲットしましょう!!

そしてモテない女性からモテる女性へ変わって楽しい毎日を過ごしてください。もうあなたはモテない理由はないです!
素敵な彼ができますように…。あなたの幸せを願っています。

\ SNSでシェアしよう! /

モテ活の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ活の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 合コンでモテる男になるために!!抑えて置きたい〇〇のポイント

  • 恋活とは?恋人がいないと嘆くあなたに知ってほしい素敵な恋人の作り方

  • 婚活は何歳から始めるべき?婚活の適正年齢は?

  • 男性の恋愛心理の特徴は?素敵な彼氏をゲットするために

  • 合コン女子必見!合コンでモテるためのテクニック

  • めちゃくちゃ言いづらい…恋人とのキスが臭い時の対処法9選

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。