1. TOP
  2. スキンケア
  3. シミ消し飲み薬ランキング2018!!本当にシミに効果のあるのはどれ!?

シミ消し飲み薬ランキング2018!!本当にシミに効果のあるのはどれ!?

シミが気になる…

女性を中心に、シミに悩む人は非常に多いです。年齢を重ねてくると、どうしても肌のトラブルは発生してしまいますよね。

 

今回は、シミ消しに効果的な飲み薬の効果や成分を調べ、オススメのシミ消し飲み薬をご紹介します。自分にあったシミ対策飲み薬をチェックしてみてくださいね。

飲み薬でシミは消えるの?

シミ消しに効果的なものというと、シミ消しクリームや美白化粧品などを思い浮かべる人も多いと思いますが、化粧品は皮膚表面のシミのみにはたらきかけるものです。更に肌に直接塗るので、肌トラブルが発生する可能性は意外と高いです。

また、レーザーという方法もありますが、痛そうだし高価そう…と尻込みしてしまいますよね。

そこで、最近では気軽に使える飲み薬でシミを対策する人が非常に多いです。

『飲み薬でシミが消えるの?』と疑問に思いますよね。まずは簡単にシミができる原因についてまとめてみたいと思います。

シミができる原因

シミのできる原因は、大きく2つあり、1つめは過剰な紫外線です。

過剰な紫外線を浴びることは、シミの根本的な原因になります。紫外線は、殺菌作用を持つほどの強いエネルギーを持っていますが、その紫外線から守ってくれるのがメラニン色素です。

メラニン色素は、紫外線によるダメージを受けるのを防ぐバリアの役割をはたしてくれる大切な存在です。ところが、紫外線を浴びすぎるとメラニン色素の生産が追いつかず、肌へのダメージが大きくなり、肌が弱まることでシミが出来てしまいます。

2つめの原因としては、肌のターンオーバーの乱れが挙げられます。

生活習慣の乱れや年齢、過剰な紫外線による肌のダメージ等により、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。そうなると、肌の奥で作られたメラニンが排出されずに留まってしまい、これがシミになってしまうのです。

シミの出来る原因をしっかり意識することで、紫外線を避けるために日焼け止めや日傘、UV対策をしたり、生活習慣を見直したりと、事前の予防も重要です。

それでも出来てしまったシミやそばかすには、効果的な対策を取りたいですよね。そこで、肌に蓄積してしまったメラニン色素の排出を促し、ターンオーバーを正常化してくれるシミ消し飲み薬が効果を発揮するのです。

ただし、シミ消し飲み薬は市販されているだけでもかなりの種類があるので、焦らず見てみましょう。

シミ消し飲み薬はシミ以外にも効果アリ!

シミ消し飲み薬で、シミが消える効果はきちんとありますが、実はそれ以外にも嬉しい効果があるんです。

シミ消し飲み薬で期待できる主な効果は以下の通りです。

  • 小じわ
  • 美肌効果
  • かぶれ
  • ニキビや湿疹
  • 疲労回復
  • 冷え性
  • 肩こりや腰痛
  • 全身の倦怠感

シミ消し以外にも意外とたくさんの効果が期待できるんです。

もちろん配合されている成分は同じではないので、すべてのシミ消し飲み薬にこの効果があるわけではありません。

シミ消し飲み薬を選ぶ際には、シミ以外にどんな効果が期待できるのかチェックしてみることも大切です。

医薬品ってどういうこと?

シミ消し効果のある飲み薬はいろいろありますが、「医薬品」という表示が気になったことはありませんか?

医薬品とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行う為に与える薬品のことを指します。成分内容や効果効能、用法・用量や副作用においても、しっかりと有効性や安全性、品質などの調査がおこなわれ、正式に厚生労働省などの承認を受けたものを言います。

日本の医薬品は、医療用医薬品と一般用医薬品に分類され、処方せん無しで購入できる医薬品は、専門的に一般用医薬品といいます。

一般用医薬品は、3つに分類されます。

第1類医薬品

安全性上の副作用や相互作用などで、特に注意が必要な医薬品。販売は、薬剤師に限られていて、販売店では書面での情報提供が義務づけられています。

第2類医薬品

副作用や相互作用などで、注意が必要な医薬品。更に、第2類医薬品の中でもより注意が必要なものを指定第2類医薬品と言います。

専門家からの情報提供が努力義務とされているものです。

第3類医薬品

副作用のリスクが低く、相互作用も穏やかな医薬品で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般医薬品と言われています。

※上から順番にリスクが高い医薬品となります。

今回ご紹介するシミ消し飲み薬は、第3種医薬品に該当します。

更に、医薬品とサプリメントって何が違うの?という疑問を持つ方も多いと思いますので、比較してみたいと思います。

それぞれの目的、効果・効能、副作用ごとに比べてみると以下のようになります。
目的
医薬品→治療や予防を目的としたもの
サプリメント→栄養素を補うもの
効果・効能
医薬品→効果・効能が認められている
サプリメント→効果・効能を表現することは認められていない
副作用
医薬品→副作用のリスクは比較的低い
サプリメント→副作用のリスクはほぼなし

サプリメントはそもそも薬ではなく、栄養素を補うための、食品(一種)に分類されます。そのため、医薬品のように疾病などに対する治療や予防の効果は認められず、具体的な効果・効能を表現することは認められていないのです。

そのため、医薬品はサプリメントと比べても高い効果が期待できます。

シミ消し飲み薬に含まれる成分

シミ消し飲み薬が、シミやそばかす、それ以外にも効果的なことが分かりましたが、シミ消し飲み薬に含まれている主な成分を分析してみましょう。

L-システイン

皮膚や髪、爪などのたんぱく質を構成する成分で、黒色メラニンの発生を抑制する、非必須アミノ酸の1つです。

小麦や大豆、かつお節などに多く含まれる成分で、肌のターンオーバーを正常化や、体のエネルギー産生のサポート、更に増え過ぎると細胞にダメージを与える『活性酸素』を除去する抗酸化作用があります。シミ・そばかす・肌荒れなどのトラブル対策に欠かせないもので、二日酔いの症状も緩和されるといわれています。

トラネキサム酸(トランサミン)

トラネキサム酸は、人工的に生成されたアミノ酸で、炎症を抑える作用や抗アレルギー効果があります。紫外線やさまざまな刺激によってメラニンの産出で起こるシミに対して、メラニンが発生する原因をブロックし、シミの発生を抑える役割をはたすと言われています。

ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンCは別名をアルコルビン酸とも呼ばれる、強力な抗酸化物質です。。メラニンの過剰な生成を抑制し、肌に沈着してしまった黒色メラニンを無色化し、全身を酸化ストレスから守る重要な成分です。

更に、ビタミンCはコラーゲンの生成にも欠かせず、摂取することで、美肌効果が期待されています。ただ、人にはビタミンCを生成する酵素がなく、体内で生成することができないので、ビタミンCを多く含む、果物や野菜、イモ類で摂取が効果的です。

ビタミン類

ターンオーバーを正常化し、肌の新陳代謝を促進してくれる成分です。シミ消しに効果的な飲み薬には、さまざまなビタミン類が配合されています。

  • ビタミンE(コハク酸d-α-トコフェロール):血行をよくし、シミや老化のもとになる過酸化脂質の増加を抑えます。
  • ビタミンB2(リボフラビン):肌の代謝を活性させます。
  • ビタミンB3(ニコチン酸アミド):血流をよくし、酸化還元反応をサポートします。
  • ビタミンB5(パントテン酸カルシウム):皮脂の新陳代謝を促し、皮膚の健康を維持します。
  • ビタミンB6(ピロドキシン塩酸塩):L-システインの生成を助け、皮膚や粘膜を正常に保ちます。

このように、シミ消し飲み薬にはさまざまな成分が含まれているんです。いろんな成分が複合的に作用してシミの改善、予防をしてくれるということですね!

また、シミには4つの種類があるということをご存知でしょうか?簡単にまとめてみました。

日光性黒子(にっこうせいこくし) ※老人性色素班

紫外線の積み重ねで出来るシミが「日光性黒子」で、シミの中で一番多いタイプです。20~30代頃に発症し、年を重ねるにつれて濃くなる傾向があるので、「老人性色素班」とも呼ばれています。

対策・対処法

対策としては紫外線を浴びないことが大事なので、日焼け止めや、UV加工の帽子や衣類、日傘などで紫外線をカットすることが必要です。

出来てしまったシミには、肌のターンオーバーを促進するために、L-システインやビタミンCが効果的です。更に、緑茶などに含まれるポリフェノールやトマトのリコピンなども細胞にダメージを与える活性酸素を除去する抗酸化作用があるので、食生活に取り入れると良いようです。

炎症後色素沈着

虫さされ、ニキビや湿疹、かぶれなど、肌に炎症が起きた後に、シミになって色素沈着してしまったものを「炎症後色素沈着」と言います。これは、肌に強い刺激を受けることで、肌の表面のメラノサイトが活性化され、多くのメラニンが作られることで、肌が茶褐色調になってしまう状態です。

対策・対処法

炎症部分に紫外線があたると、色素沈着しやすいので、日焼け対策が大切です。更に、黒色メラニンの生成抑制のためにビタミンCの摂取や、お肌のターンオーバーが乱れにくくするためのL-システインなどが含まれる食品も効果的なようです。

肝班(かんぱん)

女性ホルモンバランスの乱れが原因で発生するのが「肝班」で、30代後半から50歳くらいにできやすいと言われています。頬、額、上唇などに茶褐色のシミが左右対称に発生しやすいのが特徴です。妊娠や出産後、ピルの服用にも症状が悪化するケースもあるようです。

対策・対処法:

トラネキサム酸、ビタミンC、Eや、ピーリングなどが効果的と言われています。また、ホルモンバランスと整えることが大切で、バランスのよい食生活や十分な睡眠、ストレスをためないことなどが大切です。

そばかす

遺伝的な要因で発生した、細かい茶色の斑点を「そばかす」といいます。医学的には、「雀卵班(じゃくらんはん)」と呼ばれ、5~6歳の幼児期からでき、思春期で濃くなりますが、それ以降、個人差はありますが、薄くなる傾向があります。

遺伝的要因が強いとされ、親のそばかすが子どもに遺伝する可能性も高いようです。

対策・対処法

遺伝が関係しているので、完全に防ぐことは難しいですが、濃くしない対策としては、紫外線の影響で濃くなる場合が多いので、日焼け対策が重要になりそうです。更に、黒色メラニンの生成を抑える、L-システインやビタミンC、Eなど、肌のターンオーバーのはたらきをサポートする成分が効果的のようです。

シミ消し飲み薬には、いろいろな成分が含まれていますが、自分のシミにはどんな成分が効果的かを理解して対策をすると良さそうですね。

シミ消し飲み薬ランキング

シミ消しに効果的な飲み薬はたくさん種類があり、選ぶのに迷ってしまいますよね。

そこで、シミ消し飲み薬の8選をご紹介します。気になるものをチェックして、自分にあったシミ用飲み薬を選んでみてください。
紹介するシミ消し飲み薬は、第3類医薬品が多く、有効成分や品質は認められていますが、リスクは低い飲み薬と言えるものです。

シミ消し飲み薬ランキング1位 SIMIホワイト

通常価格7,171円(税込)
WEB限定価格980円
容量180粒/30日分
成分L-システイン240mg・ビタミンC1,000mg・ビタミンB2,B6,E等
効果シミ・そばかす・色素沈着の緩和・疲労回復等
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング1位はSIMIホワイトです。

L-システインやビタミンCがメラニンにアプローチし、ビタミンB群が肌サイクルをすこやかに保ち、更にコハク酸が色素沈着を緩和します。アメリカのサイエンスコスメブランド開発者と日本の製薬会社の技術のもとに開発された、医薬品です。

有効成分の配合量が最大クラスなので、しっかりとシミ、色素沈着を内側からケアすることが可能です。

さらにWEBからなら980円のモニターに申し込むことが可能です。価格面から見ても、他のシミ消し飲み薬よりもお得に試すことが可能です。

SIMIホワイトの公式サイトをクリックして確認♪

シミ消し飲み薬ランキング2位 ホワイトール

通常価格7,600円(税抜)
WEB限定価格1,900円(税抜)
容量180粒/30日分
成分L-システイン240mg・ビタミンC1000mg・ビタミンB2,B6等
効果シミ・そばかす等
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング2位はホワイトールです。

有効成分L-システイン240mgを配合した医薬品で、シミのもとを徹底的に抑制します。
更に、肌の代謝を促進するビタミンB2、B6、E、レモン50個分(1000mg)のビタミンCで、黒色メラニンを無色化します。

また、初回の申し込みの際にはUVクリームのプレゼントをゲットすることが可能です。

ホワイトールの公式サイトをクリックして確認♪

シミ消し飲み薬ランキング3位 ロスミンローヤル

通常価格7,600円(税抜)
WEB限定価格1,900円
容量270錠/30日分
成分L-システイン160mg・ビタミンC180mg・ローヤルゼリー50mg等
効果シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ・肌あれ・冷え症 めまい・神経痛等
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング3位はロスミンローヤルです。

シミ・そばかすを薄くするだけでなく、小じわにも効く、第3種医薬品です。

冷え症や肩こり、女性特有の不調の改善に効果的な22種の有効成分が配合され、シミ・そばかすを予防しながら、シワになりにくい肌へと整えてくれます。

小じわにも効果があるということが他のシミ消し飲み薬にはない特徴のため、非常に人気の高い商品です。

ただし、シミに効果のあるL-システインやビタミンC等の配合量は他と比べても少ないため、注意が必要です。

ロスミンローヤルの公式サイトをクリックして確認♪

シミ消し飲み薬ランキング4位 ホワイピュア

通常価格5,800円(税抜)
WEB限定価格1,900円(税抜)
容量180粒/30日分
成分L-システイン240mg・ビタミンC1,000mg・ビタミンB2,B6,E等
効果シミ・そばかす・疲労回復・歯ぐきなどの出血予防
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング4位はホワイピュアです。

肌の新陳代謝を進め、肌の生まれ変わりのリズムを整え、肌に残っているメラニン色素やシミ・そばかすの予備軍も排出し、目に見えないシミやそばかす対策ができます。体の中からシミやそばかすを緩和するので、手や背中など、顔以外のシミにも効果的です。

また、瓶ではなく袋タイプのパッケージのため、持ち運びがしやすい点がポイントです。

シミ消し飲み薬ランキング5位トランシーノホワイトC

通常価格15日分/1,600円(税抜)
30日分/2,600円(税抜)
WEB限定価格
容量60錠/15日分
120錠/30日分
成分L-システイン240mg・ビタミンC1000mg・ビタミン2,E等
効果しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング5位はトランシーノホワイトCです。

シミのもととなるメラニンの過剰な生成を抑制し、出来てしまった黒色メラニンを無色化します。さらにターンオーバーを整えメラニンの排出を促進するという3ステップで体の内側からシミ・そばかす対策をします。

ウェブでの限定価格等はないので、他と比べて若干価格が高い印象です。

シミ消し飲み薬ランキング6位 チョコラBBルーセントC

通常価格20日/3,065円(税込)
30日/4,093円(税込)
WEB限定価格
容量120錠/20日
180錠/30日
成分L-システイン240mg・ビタミンC600mg・ビタミンB2,6,E等
効果シミ・そばかす等
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング6位はチョコラBBルーセントCです。

ビタミンC600mgとL-システイン240mgが配合された医薬品で、坑酸化力により表皮の下からメラニンを無色化することで、肌本来のきれいさを取り戻ります。更にビタミンB2・B6などが肌のターンオーバーを正常化し、ビタミンEが黒色メラニンの排出を促します。

この商品もウェブの限定価格はありません。Amazonや、実店舗で価格をチェックするといいでしょう。

シミ消し飲み薬ランキング7位キミエホワイトプラス

通常価格4,200円(税抜)
WEB限定価格1,900円(税抜)
容量93錠/31日分
成分L-システイン240mg・ビタミンC500mg・パントテン酸カルシウム等
効果シミ・そばかす・にきび・かぶれ・全身の倦怠感・二日酔い等
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング7位はキミエホワイトプラスです。

黒色メラニンの生成を抑制・排出する有効成分L-システインが医薬品国内承認品目の上限まで配合されています。
更に、シミ・そばかすだけではなく、にきび・湿疹・かぶれ等の肌トラブルにもプラスの効果があります。

ただしビタミンCの配合量は他のシミ消し飲み薬と比べて少なくなっています。1日1錠の服用で効果があるので、続けやすいことがポイントです。

シミ消し飲み薬ランキング8位 ハイチオールCホワイティア

通常価格20日分/1,650円(税抜)
60日分/4,500円(税抜)
WEB限定価格
容量40錠/20日分
120錠/60日分
成分L-システイン240mg・ビタミンC500mg、パントテン酸カルシウム
効果シミ・そばかす・全身倦怠・二日酔い・にきび・湿疹等
分類第3類医薬品
詳細公式サイト

シミ消し飲み薬ランキング8位はハイチオールCホワイティアです。

「防ぐ」「消す」「出す」の3つの作用で、シミ・そばかすを直します。朝と夜の継続服用することで、シミ・そばかすが徐々に薄くなります。
更に、独自の製剤技術により小型化に成功し、のどに引っかからず飲みやすい錠剤(直径8.7mm)です。

この商品もウェブの限定価格はないので、通販サイトや実店舗の価格をチェックするといいでしょう。

シミ消し飲み薬まとめ

いかがでしたでしょうか。
さまざまなシミ消し飲み薬があることがわかりますね。

シミ消しの飲み薬は飲めばすぐに効果が現れるわけではありませんが、続けることで必ずシミ消しに効果があります。

シミを他施策するだけではなく、美しいワンランク上の肌を目指すために試してみるのもいいかもしれません。

成分や効果機能はもちろん、用量やコスパなどをチェックして、自分にあった医薬品を見つけてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

モテ活の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテ活の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マナラ生練り洗顔の口コミは?maNara生練り洗顔を一番賢く手に入れる方法とは!

  • ビオメディ エッセンスミルクリームの口コミは嘘?肌への効果を調べてみました!

  • 塗る温泉の口コミは?薬用全身クリーム『塗る温泉』について調べてみました!

  • リポコラージュピュアクレイ洗顔&パックの口コミは嘘?効果があるか調べてみました!

  • シャレコのスキンケアを最安値で手に入れるには?トライアルセットがあるってホント?

  • わらびはだの口コミは嘘?オールインワンジェルわらびはだの効果を調べてみました

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。